スポンサーリンク

店舗情報

スポンサーリンク

「料理屋 河野裕輔」の店舗情報

「料理屋 河野裕輔/Ryoriya Kawano Yusuke」
店がない料理屋です。
宜しくお願い致します。


「料理屋 河野裕輔」の想い

料理に対する想い

料理には、誠心誠意に、実直に、真摯に向き合いたいと思っております。
自分が納得いくまで徹底的に突き詰めた料理、
自分という人間を目一杯に表現した料理、
沢山の人に響かなくてもいい、批判されてもいい、
けれど、
誰か一人には飛び切りの感動を、想像を超える感動を、与えられる料理、
そんな料理を提供したいと思っております。

ただ、
その為には、私一人の力では到底叶えられるものではなく、
そこには、
素晴らしい食材、
素晴らしい器、
素晴らしい道具、
等々、
そららのお力添えがあって叶えられるものだと考えています。
ですので、
私の料理には、素晴らしい食材、器、道具、それら全ての素晴らしさも、その料理に表現されているべきだと考えています。

その為には、
それら全てのものを、尊敬し、敬愛し、敬意を持って扱い、
その素晴らしさを深く理解し、その素晴らしさを導き出し、目一杯に表現したいと思っております。
もしそれらのものに、秘められた素晴らしさ、潜在能力があるとするならば、そのものも目一杯に導き出したいとも思っております。
その上で、
自分という人間を目一杯に表現し、結果、その料理が深く想いのある料理に仕立てられたらと思っております。


お客様に対する想い

お客様にも、誠心誠意に、実直に、真摯に向き合いたいと思っております。
批判されるお客様もおられるかもしれない、
けれど、
誰か一人には飛び切りの感動を、想像を超える感動を与えたい、
その為にはどうすればいいのか…

その為にはやはり、
その一人のお客様に、誠心誠意に、実直に、真摯に向き合うしかないのではないかと考えています。
結局、そのお客様の感動の要因は、そのお客様の中にしかなく、
そのお客様の中に秘められた感動を、真摯に向き合う事で導き出し、
そのお客様の中にあったものだけど、そのお客様も知り得ないような、想像を超えるような感動を、
私の料理という一つの手法で導き出せられたらと思っております。


「料理屋 河野裕輔」の活動に対する想い

この料理屋の活動として、
ゆくゆくは実店舗で、想いを存分に込めた料理を提供したいと思っております。
でも、まずすぐに活動できる方法として、店舗がない料理屋という形を取らさせて頂きました。

店舗がない料理屋としてできる事、
まずは御弁当の販売から始めさせて頂きました。
そこから少しづつお客様に名前を知って頂き、そのお客様から出張料理のご要望を頂きました。
私自身、始めの頃はまだ出張料理の形が出来ていなかった為、そのお客様とのやり取りの中で少しづつ形にしていき、またそのお客様のご要望を取り入れ、そして出張料理という形がまとまりました。

このお客様とのやり取りの中で、私はとても大きなものを得られたように思います。
お客様とのやり取りの中で、お客様の想いを汲み取り、お客様の想いを想像し、少しでもお客様の想いを取り入れたいとの想いで御献立を作成し提案したところ、とても喜んで頂けて、そして実際の出張料理も大変喜んで頂けました。


「“想い”を導き出す料理屋」

ひとつ料理屋としてのコンセプトが浮かび上がった出来事でした。

お客様としても、漠然とした(こういうお食事会がしたい)という想いはあるとは思いますが、なかなか具現化できていないのではないかとも思いました。
一人一人のお客様の秘めた想いを汲み取った料理を提供する事、
それが即ち、お客様の想像を超える感動を与えられる事にも繋がるのではないかと考えています。


また、付け加えるなら、

「“○○の想い”を導き出す料理屋

というコンセプトも浮かび上がります。

“想い”といえど、どのような“想い”なのか。

先のお客様のお食事会に対する想いは、
(お招きする大切な皆様に喜んで頂き、楽しいひと時を過ごしたい)
という想いがあったのではないかと、私は汲み取りました。
まさに、
「“お客様とお客様の大切な人の想い”を導き出す料理屋」
というものに少しでもなれたのかなと思いました。

さらに、
この○○には人だけではなく物にも当てはまるのではないかとも考えています。
例えば、
自分が作った大切な食材。こんな想いを込めた食材。その想いを表現した料理を食べてみたい。
自分が作った大切な器。こんな想いを込めた器。その想いを表現した料理を食べてみたい。
等々、
「“お客様の大切な食材の想い”を導き出す料理屋」
「“お客様の大切な器の想い”を導き出す料理屋」
というものにもなれたらとも思っております。

このように○○には様々な想いがあるように考えています。
そんな様々な想いを導き出せる料理屋になれたらと思っております。


皆様のご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。


「料理屋 河野裕輔」の利用案内

当店のご利用につきましてのご案内です。


スポンサーリンク
独学料理人の料理研究記