スポンサーリンク

自己紹介

スポンサーリンク

自己紹介

河野裕輔

初めまして。
河野裕輔(かわのゆうすけ)と申します。

1985年生まれ。
愛知県岡崎市出身です。

料理人になろうと思った理由

私の両親は、愛知県岡崎市で「ボストニアン」という喫茶店を営んでおりました。

ボストニアン

子供の頃、その喫茶店の厨房を覗いて、両親が料理を作っている所を見ているのが好きでした。
時には、両親の横で、ハンバーグを捏ねるのを手伝ったり、プリンアラモードの盛り付けを手伝ったりさせてもらっていたのを覚えています。
このように料理というものが身近にある環境で、自然と物心付いた頃には料理人になりたいという夢を抱いていました。

両親が喫茶店を営んでいたという事で、はじめは洋食とか西洋料理とかフランス料理の道に進もうかなと漠然に思っていたのですが、
「味いちもんめ」という漫画を読み、その日本料理の世界、主人公やその親方、職場の先輩、後輩の人間関係等、この漫画の世界観にはまってしまい、何故かとてもかっこ良く思え、日本料理の道に進もうと決意しました。


料理人に成り立ての頃

高校を卒業後、1年間工場で働き、大阪府の「辻調理師専門学校」へ進学しました。
専門学校へは、割烹料理店で住み込みして、働きながら通いました。
専門学校を卒業後、そのままその割烹料理店へ就職しました。
しかし、その割烹料理店では長く続けられませんでした。
その後、やる気をなくし、地元へ帰りました。

地元へ帰り、居酒屋へ就職しました。
その後、両親が和食店を雇われで新しく開くという話が持ち上がりましたので、そのお店で働く事になりました。

またその後、その和食店から両親と私は独立するという話が持ち上がりましたので、私が事業主となり、愛知県安城市で和食店「えびごころ」を開店しました。

その和食店では、お陰様で私は、お客様はもちろんの事、仕入れ業者さん等、色んな方に育てて頂きました。
しかし、正直順風満帆という状況ではなく、やっと食べていけるという状況でした。
毎日、料理の事、経営の事、そして自分の将来の事を考えながら、営業を続ける日々を送っていました。

その和食店では、主に定食を提供していましたが、中には「あなたの料理が食べたい」と申して下さるお客様がいらっしゃいました。
ですので、そのお客様には、自分の料理の技術や知識が披露しやすい、お任せのコース料理を提供しました。
そのお客様は定期的に訪れてくれて、季節に合わせた料理を提供する機会を与えて下さいました。
そのお客様は毎回「美味しかったよ」と仰って下さり、決してだめだしはしませんでした。
ですが、やはり前回と同じ料理では、その「美味しかったよ」のテンションが前回と変わらない、むしろ低いという事に気付きました。
とはいえ、自分はしっかりとした修行を積んだわけではないので、今迄の技術や知識だけでは、すぐに底が付いてしまいました。
ですので、新しい料理の知識を独学で学び、その得た知識を試してはの繰り返しで、そのお客様に料理を提供していました。
自分の中でそのお客様に成長を見て頂きたいという想いがあり、毎回毎回、料理に対して挑戦させて頂きました。
そして徐々にそのお任せのコース料理は、他のお客様にも提供するようになり、そんな料理を作る機会が増えていきました。


料理人としてもっと高みを目指そうと思った理由

そんな中、30歳を過ぎた頃、「このままでいいのだろうか」という想いに駆られるようになりました。
その頃、日本でミシュランガイドが発刊されるようになります。
やはり、ミシュランで星を取るような料理人は、中には独学で料理を学んだという方もいましたが、素晴らしいお店で修行を積んだという経歴をお持ちの方ばかりです。
その時、そういう経歴に目がいってしまう自分に気付きました。
やはり自分の中で、ちゃんとしたお店で修行を積んでいないという事が、大きなコンプレックスになっていました。
そのコンプレックスは無視して、さらに独学で料理を学び、ミシュランの星を取れるような料理人に自分がなるという選択肢もあると思います。
しかし、30歳を過ぎて、人生の折り返し地点が見えた頃、「人生を後悔したくない」という想いが沸き上がってきていました。
ですので、そのコンプレックスに正面から立ち向かってみようと思うようになりました。

さらには、料理の雑誌やテレビで取り上げられる料理人が、自分と歳がそんなに変わらないような人が出てき始めていました。
この事に焦りという感情が芽生えました。
加えて、世間から評価される料理人は、料理に対して一生を捧げるような、命を捧げるような、全身全霊を捧げるような情熱を持っていました。
さらに焦りという感情に駆られました。
今迄は、そのような料理人の方達は、手の届かない存在、住む世界が違う存在として捉えていたのが、
実際に、そのような料理人の方達の料理を参考にし、自分の料理に落とし込む事で、実態が捉えられるようになるにつれ、自分もそんな料理人になりたいと思うようになり、自分と比べるようになり、自分のいたらなさを実感するようになりました。

そうして、想いが高ぶり行動しようと思うようなりました。
30歳を過ぎて、料理人としてもっと高みを目指そうと一念発起し、店を辞め、1から料理修行をし直す決意をし、営んでいた和食店を両親に託しました。


料理人としてブログを書き始めた理由

しかし、開業資金で借り入れた借金返済が残っていたので、その借金の返済資金を賄うべく、自動車部品工場の期間工へと応募しました。
最初は初めての事ばかりで、慣れない仕事で大変でしたが、職場の方達の雰囲気も良く、徐々に慣れていきました。
休みも決まってあり、余裕もできて、時間もありましたので、その時間を使って料理を今までよりも深く勉強しようと思いました。
その時、ただ勉強するだけでは頭に入らないので、アウトプットする機会を設ける意味でブログを書いてみようと思いました。
さらに、ブログを見てもらう為にSNSも始めました。
ブログやSNSを始めているうちに、これは自分の事をもっと宣伝して、新しくお店を開いた時には、お客様がここから繋がればいいんじゃないかと思うようになり、自分自身の事もさらけ出すようになりました。
こうしてこのブログを書き始めました。

期間工は3年間という期間でしたが、それで何とか借金が返せる目処が立ちました。


料理人としての現在

只今、1から料理修行をし直す為のお店を探し中です。
なにぶんもう35歳ですので、雇ってくれるお店はなかなかないかもしれません。
加えて、この時期に新型コロナウイルスが流行しましたのでさらに厳しい状況です。

このお店探しの状況も、このブログで「料理修行記」として伝えていきたいと思っています。

そして、いずれはまた自分の店を、今度は真摯に料理と向き合い、
自分が納得いくまでとことん突き詰めた料理、
自分という人間をめいいっぱい表現した料理、
沢山の人に響かなくてもいい、批判されてもいい、けど、誰か一人には飛び切りの感動を与えられる料理、
そんな料理を提供するお店を開きたいと思っています。

ブログ記事に対しての疑問や間違いの指摘、
料理に対しての疑問でこんな事を調べてほしい、
等ございましたらお気軽にコメントして下さいませ。

河野裕輔
河野裕輔

よろしくお願いします!


両親のお店|和食店「えびごころ」

私の両親は、愛知県安城市で和食店「えびごころ」を営んでおります。
よろしければご覧下さいませ。

妹夫婦のお店|おむすび屋「◯△▢(まるさんかくしかく)」

私の妹は、美容師をしております。

その妹夫婦で、おむすび屋「◯△▢(まるさんかくしかく)」を営んでおります。
「えびごころ」を製造場所としており、私の両親と妹夫婦で仲良く家族経営をしております。
主に愛知県内でのマルシェやイベント等に出店しています。
「えびごころ」でもご予約販売を承っております。
よろしければご覧下さいませ。

スポンサーリンク
30代男の料理修行記
タイトルとURLをコピーしました